インクジェットプリントに適したクロスの選び方

のぼりの作り方詳しく
のぼり旗インクジェットのクロスには、多様な素材があります。
のぼり旗インクジェットに最も使われているのが、テトロンポンジです。

明るくなる

薄手のテトロンなので非常に軽く、裏面にもインクが抜けるので
より広告効果があがります。

トロピカルはポンジよりも少し厚手で、それでも軽い素材です。
インクの裏抜けはポンジよりも少なくなります。

トロマットは厚手のテトロン素材で、折り畳んででもシワになり難いので
持ち運びに便利です。

艶はなく、和風の落ち着いたイメージののぼり旗インクジェットに適しています。
ツイルは厚手の合成繊維で、トロマットより織り目が細かく、
柔らかい布系の素材になります。

トロマットと同様、シワになり難く高級感ののぼり旗に適しています。
スウェードは厚手の合成繊維になります。

ツイルよりもさらに織り目が細かくなり、絹のような
より高級感のあるのぼり旗になります。
シルバーターポリンはターポリンの表面を特殊加工した
素材になります。

表面がシルバーになっているのでのぼり旗インクジェットの
インクの載った部分がメタリック調になり、黄色と茶の中間色で
出力するとゴールドの表現も可能になります。

とても目立つので、イベントや告知広告としても効果が出ます。
布地のポリエステルは薄手なので軽く、設置や持ち運びが簡単です。信号待ち

表面処理されているので、のぼり旗インクジェットの発色がとても綺麗に現れます。
メッシュターポリンは高所やビルの谷間など、風当たりの強い場所に適しています。

風の影響を受けにくく、安全に広告表示ができます。

クロスの選び方といってもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、
入れたいデザインによっても向いている素材とそうでないものが
ありますので、よくわからない場合には業者に相談してみるのもお勧めです。

また、クロスを実際見たい時はサンプルを送ってくれる業者も
ありますので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

 

価格   お祭り   特徴   データ   使い勝手   活用   設置    注文時   大きさ   印刷業者   クロス   固定   種類や形