のぼり旗制作用のデータの入稿方法

のぼりの作り方詳しく
のぼり旗には、大きく分けると既製品とオリジナルの
2つに分けることができますが、オリジナルのデザインで
のぼり旗を作成する時には、データを入稿する必要があります。

なお、データの入稿と一口に言っても種類があり、どういった種類の
物を用意するかによって、かかる費用が変わってくるものですので
覚えておくと良いでしょう。

黄色く見える

まず一番お金がかからない方法ですが、イラストレーターという
ソフトを使って作るAI形式というデータを用意する方法です。

この形式をのぼり旗の業者に出して、問題がなければ0円、つまり
データ作成料がかかってしまうことがありませんので、費用を
抑えることができるのです。

目立つように

逆に作成料がかかってしまうのがxlsという形式で、この場合にはエクセルを使用して
作るタイプで、これだと3,000円ぐらいかかってしまうものです。

ちなみに、パソコンが苦手な人でもオリジナルデザインののぼり旗は
作成できるもので、手書きの物で取引を進めるという手もありますが、
この場合も作成料が3,000円ほどかかるものです。

また、業者によっては簡単にデザインを起こせるシステムを用意しているところも
ありますし、それ以外にも簡単なデザインであれば、安く製作する価格交渉も
見込めるかもしれません。

あまり時間をかけられない、納期がないという場合には、
既製品のぼりから好きなデザインを選んでみても良いでしょう。

 

価格   お祭り   特徴   データ   使い勝手   活用   設置    注文時   大きさ   印刷業者   クロス   固定   種類や形