のぼり旗の注文時にありがちな失敗は?

のぼりの作り方詳しく

その先にあるもの

のぼり旗の注文時には、デザインやサイズをよく選ぶことが
重要ですが、そのことだけを考えていると失敗してしまうことが
ありますから、注意が必要です。

夕方から

注文時にありがちな失敗の1つに、のぼり旗の強度に関する
知識不足による選択ミスが挙げられます。
のぼり旗というのは、設置する場所によってはかなり強風にさらされる
ことになりますから、形が崩れてしまい、周りの人からよく見える状態では
なくなってしまうことがあります。

下手をすると強風により通行人に危害を加える恐れもあり、
のぼり旗としての機能を果たせないどころかマイナスイメージにもなりかねません。

こうなると宣伝効果がほとんどなくなってしまいます。
こういったことにならないようにするためには、強風でもずれにくい
仕様ののぼり旗を選ぶと良いものです。

のぼり旗の中には、袋縫いといって、袋状になっているところに
ポールを通すようになっているタイプの物があるのです。

これであれば、強風でまくり上がるのを防ぐことができるので、とても便利と言えるのです。
なお、強度ということで言えば、土台となる注水台も、安定感の良い物を選んで
注文することが大切と言えます。

もちろん、あまりにもそういった風の強い場所などに設置することは
いくら目立つ場所といってもお勧めはできませんので、まずは
どの設置場所が安全でかつ効果的なのかを見極めましょう。

価格   お祭り   特徴   データ   使い勝手   活用   設置    注文時   大きさ   印刷業者   クロス   固定   種類や形