ミニのぼり旗を活用するポイント

のぼりの作り方詳しく
店内のディスプレイで大いに役立つのが、ミニサイズで作られたのぼり旗。

重点的に売ろうとしている商品や、サービスをアピールするのに有効です。
通常のPOPに比べてスペースを取らず、色彩と文字でポイントを
簡潔に伝えられるのが利点。

お寺と一緒に

レジ前の待ち時間にもう一品買ってもらいたい時は、その商品とミニのぼり旗を
セットにして置けば目を引いて効果的です。

また人形やマスコットと一緒にして、来店した客の目を和ませることも可能です。
ミニのぼり旗は屋外に設置するものと比べ、風雨にさらされる心配がなく
長持ちするのも特長です。

暖かい季節

広い保管スペースも必要なく、小物感覚で気軽に入れ替えられます。
季節やキャンペーンに合わせ、新しい旗を投入していけば新鮮な印象を
与えられるでしょう。

マンネリになりがちな店内のディスプレイも、ミニのぼり旗によって
打開できるケースは少なくありません。

良く来てくれるお客さんにとっても、定期的に売りの商品が変わっていたり
その時期のオススメがわかりやすいのは親切ですし、
ミニのぼりというのが他と違う雰囲気も出せて粋なものですね。

例えばケーキ屋さんや和菓子屋さんで子供の日のディスプレイとして
ミニのぼりの形をちょっと変えることで、鯉のぼりとして使用しても面白いかもしれません。

売上アップのため、ぜひとも上手な活用をはかりたいものです。

 

価格   お祭り   特徴   データ   使い勝手   活用   設置    注文時   大きさ   印刷業者   クロス   固定   種類や形