目に留まりやすいのぼり旗の特徴は?

のぼりの作り方詳しく
目に留まりやすい良いのぼり旗の特徴として挙げられるのは、遠くからでも
目に留まりやすい大きさや色を備えていることと、文字が背景色に溶け込んで
見えにくくならないという条件をクリアしたものではないでしょうか。

のぼり旗が目に留まりやすい状態にあることは、さまざまな宣伝効果として
役立つのですから、文字が小さかったり、読みにくい状態だったり
することは、望ましいことではありません。

夜もまたいい

また、字の大きさや文字の形が近くでは見やすいのに、遠くから見ると
背景の色に溶け込んでしまう場合もあります。

たくさんある

そこで、のぼり旗に使用する色は多くても3色程度に決め、それぞれが
お互いに溶け込まないような色彩を選ぶことです。

また、使用する色は濃い色と薄い色を反対色で合わせると、より視認しやすく効果的です。
1色のみの使用の場合は、赤やオレンジなど目立ちやすい色を使用し、
デザインはごくシンプルにする方が、覚えやすくなりお勧めです。

さらに、布地の種類も重要であり、インクの裏抜けの良い素材を選ぶことが大切です。
なお、使う場所によっても適切なのぼり旗の大きさがあるので、目に留まりやすいのぼり旗だからといって、
大きければ良いというものでもありません。

一般的には60cm✕180cmのサイズが最も需要が多く、店舗前に設置するのであれば
この大きさで十分だと言えるでしょう。

価格   お祭り   特徴   データ   使い勝手   活用   設置    注文時   大きさ   印刷業者   クロス   固定   種類や形